パニック障害の改善方法

パニック障害とは何なの?主な症状と特徴・改善方法は?

パニック障害

パニック障害という言葉はよく聞くので知名度はあるのですが、いったいどんな病気なのでしょう。

 

一般的に言葉のイメージからすると、急にパニックが起きて物事に対処できない感じがしますが、実際、突然、激しい動悸や発汗などを伴うようですね。

 

発作が起きてもしばらくすると治まるようですが、完全な治療薬はないみたいなので、もし自分がなったとしたら恐ろしい感じがしますが、改善方法はあるのでしょうか。

 

リラックス状態の時ほどなりやすい

 

パニック障害は、遺伝的要因と環境的要因が複雑に絡み合って発症するので原因を特定するのは難しく、離別や孤独、虐待やストレスとも関係しています。

 

発症すると予期不安や広場恐怖により、対人との接触を拒むようになり、放置すると外出できなくなって、うつ病に進行することも少なくないので注意が必要です。

 

どうにもならなくなると人との接触を避けるようになり、対人恐怖からうつ病になる人は少なくありません。

 

緊張状態にあるとパニック障害を起こしやすいと思いがちですが、実はリラックスした時ほど発作を起こしやすいという特徴があります。

 

人はドキドキする物事に遭遇するとパニック状態になることがありますが、パニック障害の場合はまた別で、比較的落ち着いている夜寝る前などに起こることが多いのです。

 

一般的に、神経質で繊細な性格で、不安や恐怖心が強い人はパニック障害になりやすいと言われているので、自分より他人を重視するやさしい心の持ち主の人は注意しましょう。

 

動悸やめまい、不安と恐怖に怯える日々

 

パニック障害になると、どのような症状が現れるかというと、

  • 動悸
  • 呼吸困難
  • 発汗
  • めまい
  • どもり癖

などの症状が現れます。

 

そして精神的にも追い込まれるような気分になり、強い不安感と恐怖感を抱くことになるので、肉体的にも精神的にもまさにパニック状態に陥るのです。
突然、強い不安や死の恐怖などに襲われることになるのでショックは大きく、呼吸困難やめまいなどの症状も出てくるので対処に困ります。

 

初めて発作を起こした時は、心配になって救急車を呼ぶことが多いのですが、病院で検査をしても特に異常はなく、そのまま帰されることが多いです。

 

パニック障害は体の病気ではないので、病院でもそうした対処になってしまうのですが、本人はまた起こるのではないかと不安に怯え、次第に外出できなくなります。

 

発作が起きてもしばらくすると治まるのですが、何回も繰り返していると、恐怖感と不安感に苛まれるようになり、やがて外出するのが恐怖となるのです。

 

またその症状に伴い、どもり癖がついてしまう事も。もし気になる方は下記サイトを参考にしてください。
どもり癖の症状と治療法・治し方について。
→どもり癖と治療法

 

 

生活習慣を改善して体と心のバランスを整える

 

パニック障害については、まだ明確な治療薬は確立されておらず、病院では精神分析的精神療法や森田療法、行動療法などを駆使しながら患者の症状に合わせて改善に努めています。

 

ケースによっては、抗不安薬や抗うつ薬などの薬物治療を併用することもあり、特に社会的不安障害によるパニック障害の場合、SSRIが効果的です。

 

病院での治療は、恐怖の対象や状況を想定しながら、その場面から逃げないよう指導し、恐怖が生じる原因を究明しながら、根本的な解決を目指します。

 

また、改善するに当たっては、日頃の生活習慣を改めることも大切で、パニック障害を克服するには、

  • 食べ物
  • 飲み物
  • 運動
  • 睡眠

について適切に対処していくことが大切です。

 

食事では血糖値のバランスを保つよう配慮し、ハーブティなどのリラックス成分が入った飲み物に変えると良く、そして有酸素運動を心掛けるようにします。

 

早寝早起きの習慣をつけ、朝はできるだけ陽の光を浴びるようにすることも大事ですよ。

 

まとめ

 

パニック障害とは、まさにその名の通り、突然パニック状態に襲われ、動悸やめまい、そして強い不安と恐怖に苛まれるようになります。

 

特徴的なのは、リラックスしている時ほどなりやすいところで、性格的に神経質で繊細な人が発症しやすい傾向にあります。

 

治療薬はまだないので、病院では精神療法や行動療法で対処していくことが多いのですが、抗不安薬や抗うつ薬などを用いることもあり、対応は様々です。

 

日頃の生活習慣を見直すことも大事なので、適切に食べ物や飲み物を改善し、運動や睡眠環境を整えながら対処していきましょう。

 

 

お知らせ事項
包茎治療にお悩みの方はこちら