パニック障害に悩む人の心理状態はどうなっているのか

心理状態

パニック障害は、地下鉄や車、飛行機など逃げ場のない場所にいる時になりやすく、心理的に圧迫されることで、動悸やめまい、呼吸困難などの症状が出てきます。

 

そしてこのまま倒れて死んでしまうのではないかという恐怖に苛まれ、強い不安感に襲われてパニック状態になるのですが、病院で検査しても異常は発見できません

 

そうなると精神的な問題が指摘されることになりますが、パニック障害に悩む人の心理状態はどうなっているのでしょうか。

 

予期不安と広場恐怖に支配されている

 

パニック障害に悩む人の心理状態は、予期不安と広場恐怖に支配されていると言ってよく、またパニック発作が起こったらどうしようという気持ちでいっぱいになっています。

 

次の発作が起こることに不安を感じている状態が予期不安で、実際、パニック発作で死ぬことはないのですが、本人にとっては深刻な問題で本気で死ぬかもと思っているのです。

 

あの発作に今度襲われると死ぬかもしれないと思っていて、そう思うと気が狂うような恐怖に襲われ、怖くて仕方なくなって予期不安は益々増幅していきます。

 

要するにまだ発作が起こっていない間も常に今度パニック発作が起こったらどうしようと思っていて、そのことばかりを考えているのです。

 

発作が起こった際、誰にも助けてもらえないのではという広場恐怖に支配されているのもパニック障害に悩む独特の心理状態で、容易に脱出できない場所や状況に恐怖を感じます。

 

そのため、飛行機や電車に乗ったり、劇場や映画館に行くことを避けるようになります。

 

パニック障害になりやすい性格がある

 

パニック障害に悩む人の心理状態は、常に不安な心境で、またパニック状態になるのではという不安をいつも抱いていることで、電車などに乗れなくなってしまいます。

 

突発的に息が苦しくなり、動悸が激しくなってめまいが起きるパニック障害は、本人しかわからない病気で、呼吸困難に陥ると死を覚悟するほど強烈なものです。

 

ストレスからパニック障害になることは多いのですが、その人の心理状態が大きな要因になっていることが少なくなく、そこにはなりやすい性格が関係しています。

 

パニック障害になりやすい人の性格には一定の傾向があり、共通点を見出すことができ、自分の気持ちを我慢する性格の人はなりやすいです。

 

人見知りで内向的で引っ込み思案の性格の人は、自分の気持ちを表に出さないので、それが鬱屈した心理状態となってストレスを生み、パニック障害を引き起こすのです。

 

自分をとことん追い詰めて心身共に疲れた状態になりやすい完璧主義の性格の人も、パニック障害になりやすい傾向にあります。

 

不安な状態になっても大丈夫な自分を作る

 

生真面目な人はパニック障害になりやすく、人に頼ることをしないで自分で頑張り過ぎてしまうので、心身共にパンクしてしまって発症しやすくなるのです。

 

また、素直で従順な人も危険で、何か壁にぶつかった際、真正面から対峙することは良いことなのですが、挫折してしまった場合、大きな無力感を感じてしまいます。

 

虚無感からくる脱力した気持ちの心理状態は、パニック障害を引き起こしやすいので注意が必要です。

 

パニック障害の悩みを解決するには、心臓がドキドキしても、呼吸ができなくなりそうになっても気にならない心理状態を作り出すことですね。

 

緊張下に置かれた状況に立たされても、大丈夫だと確信できる状態に持っていけば良いわけで、そのためには体質を変える努力をしながら、少しずつ心臓を鍛えることです。

 

そしてパニック発作が起きやすい時は、呼吸が浅くなっていることが多いので、リラックスできる呼吸法を実践すると良いですよ。

 

まとめ

 

パニック障害の心理状態ですが、予期不安と広場恐怖に支配されている状態であり、常に次の発作が起こることに不安を感じています。

 

今度パニック発作が起きたらどうしようという不安と恐怖に苛まれていて、同時に発作が起こった際、誰にも助けてもらえないのではないかと思っています。

 

こうした心理状態は性格に起因するところが大きく、引っ込み思案や完璧主義の性格の人は注意が必要です。

 

パニック障害の悩みを解決するには、不安な状態になっても大丈夫な自分を作ることが大事なので、強いハートになれるよう体質を改善して鍛えていきましょう。