パニック障害の投薬治療中に薬をやめたくなった場合について

薬

パニック障害を治療していく場合、基本的には薬物療法で治していくことが多いので、投薬治療は患者にとって必須と言えるでしょう。

 

薬だけでは中々完治できないという声もありますが、薬を飲むと確かに症状が落ち着くので飲んでいる人は多く、効果があるのは確かです。

 

ただ、薬は副作用が心配なので、途中で止めたくなることもありますよね。
そうした場合、投薬治療中に薬をやめたとしても特に問題はないのでしょうか。

 

薬によって使用期間を使い分ける

 

パニック障害で薬物療法を行う場合、主に抗うつ薬と抗不安薬を用いるのが普通ですが、これらはうつの薬になります。

 

なぜパニック障害にうつの薬を使用するのかと言うと、脳内物質のセロトニンの分泌を高める作用があるからです。

 

抗うつ薬はゆっくりと効く作用があるので、長期的に様子を見ながら服用していく必要があり、途中で服用を止めると適切な効果は得られません

 

すぐには効かないので薬をやめたくなっても長く飲み続けることが大切で、長期間飲むことで少しずつパニックを抑えることができるのです。

 

抗不安薬は抗うつ薬と違って、即効性が期待できるすぐに効く薬で、不安になった時に飲むことで症状を改善することができます。

 

基本的に抗不安薬は継続して飲むものではないので、薬をやめたくなった場合でも問題なく、不安が強すぎる時だけに飲めば良いです。

 

それは離脱作用があるからで、薬をやめてしまうと症状が強くなるので長期の使用はオススメできません。

 

勝手にやめると再発を繰り返すので要注意

 

どんな薬についても副作用は少なからずあるので、多くの人は薬の長期使用を拒否する傾向にあります。

 

しかしながら、パニック障害の投薬に関しては、症状が改善してきたからと言って、自分の判断で薬の量を減らしたり、飲むのを勝手に止めてはいけません。

 

実際、面倒になって止めてしまう人は少なくないのですが、そうすると順調に回復に向かっていた症状が再びぶり返して再発する可能性が高いです。

 

再発を繰り返さないためには、途中でやめたくなったとしても、パニック障害の薬は医師が指示する一定期間は飲む続けることが重要です。

 

少なくとも薬によって精神安定を図るには3カ月くらいは持続する必要があり、抗うつ薬に至ってはゆっくりと作用するので、2年間くらいの服用が望ましいとされています。

 

いずれにせよ、勝手な判断で薬を止めるのはタブーなので、やめたくなった時は必ず医師に相談するようにしましょう。

 

パニック障害は薬だけでは完治が難しい

 

きちんとパニック障害を克服していくには、薬を継続して服用していく必要があるのですが、依存しないことも大事ですよ。

 

なぜなら、薬を飲む行為は一時停止状態にしているだけで、根本解決にはならないからです。

 

薬で発作が起きなくなっても、飲むのを止めると再び発作を引き起こすことが多く、繰り返していると依存体質になってしまいます。

 

結局、パニック障害で投与されている薬は、根本的に治すためのものではなく、症状を抑えているだけなのです。

 

従って、パニック障害は薬で治すものではないという認識を持つことが大事で、最終的には自分で治すものと考えるべきです。

 

薬を飲んでいる場合、いきなり途中で止めると適切な効果が得られないので、少しずつ減らしていく必要があります。

 

最初から薬を飲まずにパニック障害を克服すると心に決めていれば、一度も薬を飲まずに克服できるかもしれませんよ。

 

まとめ

 

パニック障害の薬は、治療中、途中で止めるとせっかくの効果が台無しになることが多いです。
特に抗不安薬は離脱作用があるので、薬を途中で止めると症状が強くなってしまうので気をつけないといけません。

 

再発を繰り返さないようにするのは、一定期間は飲む続ける必要があるので、やめたくなっても我慢して継続していきましょう。

 

抗不安薬は数ヶ月の服用で十分なのですが、抗うつ薬の場合はゆっくり作用するので、着実な効果を期待するには2年くらいの服用が必要です。

 

ただ、薬は症状を抑えているだけで根本解決にはならないので、自分自身の気持ちで解決していく心構えが大切ですよ。